« ロックミシン 初縫い | トップページ | エネループの電池 »

ロックミシン 片付け

 

P1040192_2

5年以上かかってやっと糸をきちんと掛け、縫うことができたロックミシン。

使わないときは仕舞わなければいけませんね。

 

P1040193

このように箱に収めたいのですが、実はこのままだと箱の蓋が閉まりません。

 

P1040194

ロックミシン後方から突き出しているバーは取り外し可能なので、普段糸を掛けたままバーを外して箱の中に入れていたんですね。

でも今回はこのバーも付けたまま仕舞いたいのです。

でなければまた出すときに引っ掛けて糸が抜けてしまいます。

 

次回出した時にまた糸が抜けてしまったら嫌なので、バーを付けたまま仕舞う方法を考えました。

よく見てみると中に入れている発泡スチロールの厚みの分を引けばバーを付けたまま収まることが判明。

 

でもこの発泡スチロールはロックミシンと箱の空間を埋めて支えているものなので必要なものでもあるのです。 

そこで、 

 

P1040195

いざ!MYのこぎり!(きら~ん)

ロックミシンの大きさに合わせて底をくり抜くことにしました。 

 

 

P1040198

これがそれ。 

 

 

P1040199

そしてロックミシンをイン! 

 

 

P1040201

こうして全てのことが解決となりました、めでたしめでたし。 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

|

« ロックミシン 初縫い | トップページ | エネループの電池 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044967/33098079

この記事へのトラックバック一覧です: ロックミシン 片付け:

« ロックミシン 初縫い | トップページ | エネループの電池 »