« 新月と新しい財布 | トップページ | 五日市 剛さん講演会 »

捨てることが目的ではなくて

 

P1070257

以前に買った「断捨離アンになろう!」の続編、「もっと断捨離アンになろう!」が発売されたので早速購入しました。

「断捨離」ってすごいブームになりましたよね~。

でもそのブームの中で「断捨離」の「捨」の部分がクローズアップされるようになって、捨てることが目的になって本来の目的が薄れてしまっているそうです。

 

今回の「もっと断捨離アンになろう!」は「断捨離」の本来の目的および内面についてのエピソードが幾つかのパターンで書かれています。

私も実はそのパターンの一つに陥っていました。

 

それは物が必要な時であっても「買う」「買わない」でかなり悩んでしまうということです。

私が買おうとしている物は本当に私に必要なのか?代わりの物が何かあるんじゃないか?それをきっかけに物を増やしてしまうんじゃないか?買っても本当に使うのか?それを買う意味は無いんじゃないか?世界の中には物が買えない人もたくさんいるのに私が安易に買っていいのか?お金を無駄にしてしまうんじゃないか・・・・などなど。

あ~、なんか書いていたら気が滅入ってきました。

( ̄▽ ̄;)

 

 

物一つ買うのにそんなことがグルグル頭の中で回ってしまって、値段が上がれば更にいろいろ考えてしまい、結局「買わない」となってしまったり。

「欲しいから買う」じゃなくて「必要だから買う」でもなくて「それがなくて困ったら買う」という風に、なんだか勝手に自分でハードルを上げてしまってました。

それに「困ったら」というのは自分で自分が困るのを待っている状況なわけで、それって違いますよね。

 

 

明確に「自分の為になる」と意識していることにはそんな気持ちは抱かないんですけどね~、たとえばセミナーとかジムでトレーニングとか漢方内科に通うとかにはね。

そういう私にはこの本の内容は読んで良かったです。

「内面を見つめ直し、物を取捨選択し活用する」というのが本来の断捨離の目的なんですね。

ある人にとってはそれが「物からの解放」であったり、またある人にとっては「人間関係からの解放」であったり、または「それまでの考え方からの解放」であったりするんだな~と思いました。

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

|

« 新月と新しい財布 | トップページ | 五日市 剛さん講演会 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

お買い物好きの私には耳の痛い話です〜
物を買う時にそこまで慎重になるこっぺぱんさんを見習わなきゃ!と思いますが、常にその思考が付きまとうのは確かにしんどいですよね(-。-;

物に振り回されない様に、ココロもトレーニングしなきゃ!ですね。

投稿: ひつじさん | 2011年11月27日 (日) 13:10

ひつじさんnote

最近の私の場合は度を越していますね~。coldsweats01
もともと慎重派で「石橋を叩いて渡らない」的なワタクシではありましたが、最近は自分でも軌道修正したいです。
物を処分しているとなんだか何もかも全部捨ててしまいたいと思うことがあります。
たぶん本来の物の整理とは別の内面の何かがあるんではないかと思われます~。
でも現実には何もかも全部捨てたら困るじゃないですか。
なのでとにかく増やすまいとしているのはないかと・・。coldsweats01
実際には必要な物は買っているので、あとはグルグル思考をなんとかします。 ( ̄▽ ̄)

投稿: こっぺぱん | 2011年11月27日 (日) 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044967/43130448

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てることが目的ではなくて:

« 新月と新しい財布 | トップページ | 五日市 剛さん講演会 »