« 新年用の買い物 | トップページ | 結露 »

ヨガの座学と瞑想

この日曜日に「心と体を整える!ヨガの座学と瞑想ヨガ」のセミナーに参加してきました。

ワタクシ、4年ほど前からふとしたきっかけでランニングを生活の中に取り入れることになり、その頃から筋肉と体のケアを目的にヨガをするようになりました。

と言っても毎日やっているわけではなくたまに開かれる初心者向けの単発ヨガ教室に参加する程度なんですけど。

そんな私の場合、「ヨガ」というのは「アーサナ」と言われるポーズをすること。

そんな考えでした。

ヨガのポーズをすることで血の巡りや気の巡りが良くなって体が整い健康になる、そういう考えだけでした。

 

それが今回こういう告知がありまして興味が湧いて参加してきました。

アクティブビューティーMegumiの人生が変わる!ヨガ&ラン 「心と体を整える!ヨガの座学と瞑想ヨガ」

 

「ヨガというものは」ということを初心者向けにとても分かり易く教えてくれる内容でした。

 

私なりに書いてみますと、 

〇ヨガというのは8つの部門からなるもので、ポーズを取ることはそのなかの一つであるこということ。

〇ヨガは心の持ち方や生き方を大切にしているということ。

  自分や人を大切にするという考え

  正直、真実に忠実に生きるという考え

  呼吸の大切さ

  心の集中や内観

  満足感や幸福感を感じる心

  決意と気合を胸に抱く

  考えや行動を清らかにする

〇アーサナ(ポーズを取ること)は瞑想をするために体を整えるためのもの

〇瞑想

 

今までは単にポーズが出来るか出来ないか、体が曲がるか曲がらないか、そんな風に気を取られていて、「痛い~」とか「曲がらない~」とかそんなことで頭が一杯でした。

でも座学によると無理やりに体を痛めつけてポーズを取ることは「自分の体を大切にしていない」ということになり、ヨガの教えから離れていくことなんだそう。

身体のどの部分が痛いのか、辛いのか、気持ち良いのかを感じながらポーズをし、体を整え、心を整える。

そして生活をきちんと整える、そういう生き方全般もヨガの教えということなんですね。

 

そして実は瞑想についても、ワタクシ、本来とは違う考え方でした。

深く瞑想に入ると「別の世界」に繋がれると思っていたのです。 ( ̄▽ ̄)

スピリチュアル系の考え方ですね。

確かにそういう力がある方も瞑想で自己鍛錬している場合もありますが、瞑想とは「思考を一時的にストップさせること、それ以下でもそれ以上でもない」。

目をつぶって何も考えず静かに過ごすこと、ただそれだけなんだそうです。

ワタクシ、すごく勘違いしてました。( ̄ー ̄;)

今、「目をつぶって」の「つぶって」を漢字変換したら「瞑って」と出ました。

瞑想の瞑は「瞑る」だったんだ・・・、今知った。 ( ̄▽ ̄)

極めていけばすごく深い学問になるんですが、私はこの入口部分の教えを知れただけでもすごくヨガというものの考え方が変わりました。

そして少しずつでもそれを生かしてヨガのポーズをやっていきたいなと思います。

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

 

 

|

« 新年用の買い物 | トップページ | 結露 »

健康」カテゴリの記事

コメント

座学も大事ですね。
頭でも理解する、って言うか…


瞑想…頭の中を無にする事と思っていた私ですが近いのかな。

投稿: ぱんだ | 2015年11月24日 (火) 12:21

ぱんださんnote

座学と言うと難しいのかなと思いがちなんですが、よりヨガを快適に楽しく実践できるようになる知識でした。
瞑想はぱんださんの思っていることそのものです。
私はその先にもっと凄いものがあると思っていました。coldsweats01
ヨガも瞑想もまた新たな気持ちでやれそうです。

投稿: こっぺぱん | 2015年11月24日 (火) 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044967/62644378

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガの座学と瞑想:

« 新年用の買い物 | トップページ | 結露 »