« 福山へ墓参り | トップページ | 福山城とその辺りの観光 »

福山 鞆の浦観光

さてお墓参りも無事に終わり、鞆の浦観光に出掛けます。

今回は福山駅近くのホテルを取っていたので、終日鞆の浦観光する気マンマンだったのですよ、朝の時点では。(笑)

とにもかくにも観光開始! 

P1110754

鞆の浦は古い建物が多く、寺院も沢山あります。

そのせいか道は石畳が多いんですね。

風情のある街並みです。

 

ここは鞆の浦名産の薬味酒「保命酒(ほうめいしゅ)」のお店「岡本亀太郎本店」

ここで保命酒と本みりんを買いました。

墓参りに来るたびに保命酒を買っていたのですが、いつも通りすがりのお店に入っていて同じ店に再び行き着いたことはありません。(笑)

 

今はいいですね、後からネットで調べられるし、こうやってブログで記録しておくこともできるし。 

 

P1110752

お店の中には江戸時代に掘られた龍が。

すごく大きくて立派です。

そのお店を後にして街中を散策。

江戸時代の建物もあちこちあるんですが、 

 

P1110765

石造りっていうのかな~。

実はこういう作りの建物も好きなんですよ。

 

今回ワタクシが行ってみたかったのが、渡し船で5分の場所にある仙酔島(せんすいじま)。

 

P1110770

奥のこんもりした島です。

9000年前の火山活動で作られて島で景観が美しく、国立公園に指定されています。

神が宿る島とも言われています。 

 

P1110755

ということで上陸!

なはは、ワタクシ本当にうまく説明できん人だわ。

 

ご参考に仙酔島のリンクを貼っておきます。

こちら→「仙酔島のホームページ」

とこちらも→「仙酔島~五色の岩に宿る神秘の島~」 

P1110764

こんな岩があったり。 

 

P1110757

船着き場から5分くらい歩くと海水浴場に着きます。

そこにはこんな看板が。 

 

P1110758

食べるよね。(笑)

塩入りソフトクリームですが、しょっぱくないですよ。

あっさりした甘さのちょっとシャリっとした感じの美味しいソフトでした。

海水浴場を抜けると遊歩道が続きます。 

 

P1110760

海水浴場の賑やかな声もすぐに遠のき、波の音が心地よく聞こえます。

観光客は時々すれ違う程度。 

 

P1110762

展望台もあるそうですが、その麓の高台で満足。

展望台までの道がね、坂道じゃなくてわりと山道なんですよ。

一人で上らない方がいいかなと思って。( ̄▽ ̄;)

 

静かで穏やかな時間が流れます。

ここでのんびりゆったりと時間を忘れて座っていたいな~と秋ならきっと思ったでしょう。(笑)

この日の最高気温35℃。

最高気温32℃ほどの地からやってきたワタクシは一時間ほどでこの島を撤退。

 

ちょうどお昼時になったので鞆の浦で昼食です。

鞆の浦で有名なのは鯛めし。 

 

P1110766

ということでお昼は「千とせ」さんの「鯛茶漬け御膳」にしました。 

 

P1110769

鯛を乗せてお出しをかけて頂きます。 ( ̄▽ ̄)

鯛が結構肉厚で歯ごたえ十分。

 

ちょっと隠れちゃってますけど、後ろには鯛の天ぷらもあるんですよ。

鯛が新鮮で美味しかった。ヽ(* ̄▽ ̄)ノ

最初見た時は足りないかなと思いましたが、全部食べるとちょうど良い量でした。 

 

 

P1110771_2

昼食後また鞆の浦を散策し始めたんですが、あまりの暑さでギブアップ。

 

画像は「ささやき橋」です。

今は石畳に埋もれていますが、昔は鞆の浦は7つの島だったそうです。

そしてこの橋には悲しい恋物語の伝説があります。

説明が面倒なのでこちらをぞうぞ。→「鞆物語 ささやき橋」 

 

P1110777

午後1時半ごろに福山市内に移動することにしてバス待ちの間、バス停近くの喫茶店に入りました。

冷たいコーヒーが美味しい。 ( ̄▽ ̄)

というか、冷たいコーヒーを飲んでちょっと体が落ち着きました。

いつもはアイスコーヒーを飲んでもそんな風に思わないんですけどね。

 

この喫茶店、ちょっと昭和な雰囲気があってガラスのコップを見ながら、「レイコー」っていう感じだなと思っていたんです。

「レイコー」とは「冷コー」で私が小さい時はアイスコーヒーなんて呼んでなくて冷たいコーヒーは「レイコー」と呼んでいたんですよ。

同類でカフェオレは「ミーコ(-)」。

そう「ミルクコーヒー」の略。

 

そんなことを思い出してたら後から入ってきた地元のシニアのお客さんが「今日はレイコー」と言ってました。

この店ではまだ「レイコー」が生きてた。(*^▽^*) 

 

P1110775

その喫茶店で大正から昭和の初めの時代に走っていたという鉄道の写真を見ました。

創業から40年ほどで鉄道は廃止されたそうです。

 

いろいろなストーリーがある鞆の浦。

こんどは暑くない季節にまた来たいと思います。

福山城へつづく。

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

|

« 福山へ墓参り | トップページ | 福山城とその辺りの観光 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

鯛茶漬け、おいしそう~ 鞆の浦って♪ポ~ニョポニョポニョ♪でしたっけ。

投稿: みけ子 | 2016年8月16日 (火) 17:02

みけ子さんnote

美味しかったですよ~。happy01
鞆の浦は鯛めしが有名なようです。
「千とせ」さんの他に「鯛亭」さんが有名なようですが、通りがかった時に並んでいたので諦めました。
鞆の浦はポニョの舞台らしいですね~。
街のどこかにちらっと書かれていたのを読みました。
「そうだったんだ~」と思ったのですが、その読んだ物以外はほとんどポニョの影はありませんでしたよ。coldsweats01

投稿: こっぺぱん | 2016年8月16日 (火) 17:47

鯛茶漬け、めっちゃ美味しそうですね!

炎天下での街歩き、大変です。午前中とは言え暑いですよね(>_<)

レイコー、言った事はないですが(笑)懐かしいです(^-^)

投稿: ぱんだ | 2016年8月17日 (水) 12:08

ぱんださんnote

鯛茶漬け、良かったですよ。
鯛って普段食べたことがないんですが、美味しいんですね。happy01
暑かったですね~、日傘をちゃんと差していたんですが下からの照り返しもきつくて。
次に観光する時は真夏は避けます。coldsweats01
レイコー、懐かしい言葉ですよね。
私は使っていましたよ。(笑)

投稿: こっぺぱん | 2016年8月17日 (水) 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044967/67030176

この記事へのトラックバック一覧です: 福山 鞆の浦観光:

« 福山へ墓参り | トップページ | 福山城とその辺りの観光 »