« お初天神 | トップページ | 長野県松本旅行 観光 »

松本市美術館 草間彌生展

松本市市制施行110周年記念・松本市美術館開館15周年記念

「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」

5月5日に見に行ってきました。( ̄▽ ̄)

 

P1130559

美術館入り口のオブジェ、かなりのインパクトです。

ゴールデンウイークなので沢山の方が見に来られてましたよ。

 

 

P1130568

階段の途中にある「ヤヨイちゃん」。

切れちゃった前の青いのが「トコトン」。

ごめんねトコトン、ヤヨイちゃんに気を取られて見落とした。( ̄ー ̄;)

 

この階段を上がって第一会場へ。

ここは撮影可ポイントなので皆さん順番に前に立って記念撮影されてました。

以降、画像があるのは全部撮影可の場所です。

 

ワタクシ、草間彌生さんについてほとんど知らないのですよ。

水玉のモチーフが有名なこと、作品で知っているのは「黄色いかぼちゃ」、そしてテレビで拝見したお姿。

 

こういう場合、前もって下調べして見に行くんでしょうけど、今回は何も知らないまま作品を見て感じる方が良いんだろうと思いました。

ブルース・リーのセリフ「考えるな、感じろ!」で。( ̄▽ ̄)

 

P1130567

「真夜中に咲く花」

第二会場の入り口にあります。

 

P1130564

P1130565

P1130562

部屋全体のテーマは「わが永遠の魂」(各絵にもタイトルがあります)

194×194の大きなキャンバスが4面の壁にびっしりと展示されたこちらの会場はかなりの迫力がありました。

人が多くて写り込んでしまうので全部は撮れませんでした。

 

 

P1130572

中庭の「大いなる巨大な南瓜」

 

とにかく沢山の作品があります。

絵画だけではなく、コラージュ作品、立体作品、光を使ったオブジェなどなど子供の頃から現在に至るまでのいろいろな年代の作品がありました。

 

私は現代アートはよく解らないんですが、「ありとあらゆる方法で湧き出る何かを表現したい」という強い想いを感じました。(正解かどうかは分かりませんが)

実物を前にしていろいろ感じることがありました。

松本まで見に行って良かったです。( ̄▽ ̄)

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

|

« お初天神 | トップページ | 長野県松本旅行 観光 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

絵だけでなく、立体の物も作っておられるのですね。
写真や映像ではなく、実物の存在感と言うか、何か感じる物がありますよね。

生で見るの、大事だな、と思います。

投稿: ぱんだ | 2018年5月 7日 (月) 11:49

ぱんださんnote

>写真や映像ではなく、実物の存在感と言うか、何か感じる物がありますよね。

今回私もすごくそれを感じました。happy01
テレビや写真で紹介されたものを見た時と実物を見た時では感じたものが全く違いました。


投稿: こっぺぱん | 2018年5月 7日 (月) 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044967/73435601

この記事へのトラックバック一覧です: 松本市美術館 草間彌生展:

« お初天神 | トップページ | 長野県松本旅行 観光 »