旅行・地域

和歌山日帰り旅行 最終 観光

P1140210

貴志川線のホームに入るとたま電車が出発前でした。

やったー!これに乗れると思ったんですけど、途中の伊太祈曽まで止まりだったので見送ったんですよ。

 

後から考えたら先にこれに乗って、伊太祈曽駅で次のいちご電車を待って乗り替えたら良かったなと思いましたが、アフターザフェスティバル。(笑)

 

P1140208

 

P1140213

見てるだけでも楽しい車両です。

 

さて、和歌山電鉄貴志駅に着いたのは朝9時21分。

ニタマ駅長は?ワクワク!   

P1140222

ありっ?いない・・・。

そうです、ニタマ駅長は朝10時からだったのでこの時はまだ出勤されてませんでした。(笑)

 

ということでちょっと散策へ。 

P1140240

貴志駅の外観はネコなのです。

正面は構内へ入る入り口、入って右手にカフェがあります。

左の入り口はショップです。

 

このショップも開店は10時なのですが、この時に20名ほどの団体さんがいらしたので、早めに開けてました。

団体さんは次の和歌山駅行きの電車で出発されたので、画像は後で撮りました。

 

ワタクシはニタマ駅長のご出勤まで近くの神社へ。 

 

P1140228

大国主神社(おおくにぬしじんじゃ)

貴志駅からゆっくり歩いて15分くらいで到着。

天照皇大神 大國主命 少名毘古那命が祀られている神社だそうです。  

 

 

P1140227
この神社は「大飯盛物祭(おおめしもりものまつり)」という不定期で行われる祭りがあるそうです。

2016年に11年ぶりに行われたとか。

訪れた時はひっそりとしていましたが、とても静かで落ち着いた風情の神社でした。 

 

P1140235

駅に戻ってきてカフェへ。 

昔の駅舎をリノベーションしているようで、綺麗に改装されていながら昔の梁や柱のレトロ感が良い雰囲気を出しています。  

 

P1140241

駅舎入り口の上にも工夫が。

こういうの大好き。(´▽`)

 

P1140236

温かいオーレ・・・だったかな。(笑)

団体さんは出発した後だったのでこの時のお客はワタクシだけ。

ゆっくり飲み物と店内の雰囲気を楽しみました。( ̄▽ ̄)

 

貴志駅には一時間ちょっと滞在して伊太祈曽(いだきそ)駅へ移動。

780円の一日乗車券がいい仕事をしてくれます。

貴志駅までは片道の通常運賃が400円。

途中下車せずに往復だけしたとしても一日乗車券の方がオトクです。 

 

P1140253

伊太祈曽駅の近くも立派な神社がありました。

というか和歌山電鉄貴志川線にはたくさんの神社があるんですね。

知らなかった。

次回は神社巡りも楽しそうです。

 

ここは伊太祈曽神社です。 

とても立派な神社でした。

 

本殿の向かい側に大きな木がありまして。 

 

P1140251

「厄難除け木の俣くぐり」だそうです。

昭和37年の落雷で燃えたご神木で樹齢800年から1000年と言われている杉の木だそうです。

燃えて煙突状になってもしばらくは生きていたそうですが、やがて枯れたため伐採。

 

古事記伝説では、八十神(やそがみ)たちに妬まれて命の危険に脅かされた大国主神を、逃れてきた先の紀伊国の大屋毘古神(おおやびこのかみ)が木の俣をくぐらせて命を助けたことが、現代に蘇ったということで、「厄難除け木の俣くぐり」と称されるそうです。

 

もちろんワタクシもくぐってきました。

今回の旅はこれで終わり。

 

 

P1140258

JR和歌山駅の地下街で和歌山ラーメンのセットを食べて帰ってきました。( ̄▽ ̄) 

 

P1140259

記念に買った根付。 

 

P1140260

袋を辞退して貼ってもらった印のテープもたま駅長。

最後まで楽しませてくれました。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

和歌山日帰り旅行その2 いちご電車とよんたま駅長

P1140215

たま駅長のいる和歌山電鉄貴志川線には可愛い「いちご電車」が走っています。

これは和歌山駅から貴志駅に行くときに乗った時の電車。

他にも「たま電車」「おもちゃ電車」が走っています。

貴志駅から次の駅長に会いに行く時に乗った電車も「いちご電車」でした。

時間によってそれぞれの電車が走っています。

 

 

P1140217

中も可愛いんですよ。

床がフローリングになっていて、端のスペースが木製の椅子とちょっとしたテーブルになっていました。 

 

 

P1140218

2両編成で車両の通路部分には暖簾が。( ̄▽ ̄)

 

 

P1140220

長椅子にはいちごの模様。  

 

 

2019010803

3号さんもご機嫌。(笑)

 

P1140257

そうこうしている内に伊太祈曽(いだきそ)駅に到着。 

 

 

2019010801

伊太祈曽駅長のよんたまちゃんです。(´▽`)

 

この猫さんも美猫さんなんですよ、こんな表情だけど。

カメラを向けない時はお目目パッチリくりくりしたお顔をしてくれるんですけど、カメラを向けるとこんなお顔に。

 

 

それどころかカメラを構えている時は顔を横に向けてなかなかこっちを向いてくれなかったんです。

それで実は奥の手を。

フレームの外、下の方でよんたまちゃんに3号さんを見せながら写真を撮っていたのです。(´▽`)

 

 

2019010802

なのでよんたまちゃんは「にゃんだ?コイツ」という表情なのです。

平日で観光客が少なく、よんたまちゃんにもゆっくりと会えました。

 

和歌山日帰り旅行記は次回最終回へと続く。。

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和歌山日帰り旅行 ニタマ駅長

もう一月の下旬になってしまいましたが、8日は平日の休みだったので日帰りで和歌山へ行ってきましたよ。( ̄▽ ̄)

 

この間、2019年の抱負で「青春18きっぷ」で旅行に行きたいと書いていたことが早速実行できました。

 

この記事を書いた時点で春にできたらいいかなと思っていたんですが、月曜日の夜によく前を通る金券ショップに「青春18きっぷあります」の張り紙が出ていて、ダメもとで1回分だけの分があるかどうか店内に入ってみたんですよ。  

 

P1140206
そうしたらウインドウの中に1回分だけの切符があって、これはもう買いでしょう。(´▽`)

お値段は3千円。

 

春に行けたらいいなとか思っていたわりにすでに行きたいところをピックアップして下調べに入っていました。

候補地の中から今回は和歌山へGOGO!  

 

P1140212
ということで和歌山到着(笑)

ここから和歌山電鉄貴志川線に乗り換え終点の貴志駅へ向かいます。

 

目指すはこの方に会いに!

 

そう!貴志駅2代目たま駅長のニタマちゃんです!   

 

 

P1140230
って、お~いニタマちゃ~ん。

どっかりと風格のある後ろ姿、さすがです。( ̄▽ ̄)

 

 

でも大丈夫、ショップの店内からちゃんとお顔が見えました。  

 

 

P1140231
思っていたよりも大きな体格のネコさんです。

お土産店のレジの奥にいるので、少し離れたところからズームで撮りました。

眠いのかカメラを向けられるのが好きじゃないのか、こんなお顔になっていますが、美猫さんですよ。

 

先代のたま駅長の二代目として駅長修行をした後に就任。

洋猫が入っているような見た目からカタカナの「ニタマ」になったとか。

 

旅行記は続く。。。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たかさご万灯祭2018

昨日の土曜日に兵庫県高砂市で「たかさご万灯祭2018」に行ってきました。

たかさご万灯祭2018のホームページはこちら  

平成18年から開催されているとのことですが、ワタクシ今回初めて見に行きました。

当日の朝、駅のパンフレットを見て初めて知ったんですよ。

で、高砂は会社の私鉄の最寄り駅から電車で20分ほどの所なので帰りに行ってきた次第です。(*^▽^*)

 

ちなみに「高砂や~、この浦舟に帆を上げて~」の高砂はここのことなんですよ。

今年は9月15日、16日の二日間開催です。

山陽電車 高砂駅下車すぐのエリアでいろいろなイベントや出店が出ていて賑やかでした。 

 

2018091509

まずは一番離れたエリアの「出汐館(いでしおかん)」

明治41年創業の鐘淵紡績高砂工場の迎賓館だそうです。 

 

2018091510

ステンドグラスが綺麗。

離れているといっても高砂駅から1kmくらいです。 

 

 

2018091508

出汐館の前の広場では出店とステージがあり、バンドが演奏していました。

ステージのすぐそばにライトアップされた場所。  

 

2018091507

高砂神社に向かう途中でも洋館がありました。

「三菱製紙魚町倶楽部」

 

明治37年に神戸製紙所高砂工場内に建設され、翌年社名が三菱製紙所に変わり、現在の場所に移築されたそうです。

この日は1階でジャズコンサートが開かれていました。

建物は手入れをされていますが、中は明治の雰囲気を残しつつ、とても綺麗でしたよ。 

 

2018091506

そして高砂神社へ。 

境内に色とりどりの万灯。 

 

2018091505

そしてキャンドル。

 

境内一面に光が灯されていました。

画像はないけれど能舞台もあるんですよ。

2018091504

神社を出てぷらぷら歩いていると堀川の船着き場にきました。

船もライトアップ。( ̄▽ ̄)

 

 

この時点で午後7時前。

たくさんの人で賑わっていました。

 

他にもスポットやイベントはたくさんありましたが、今回はここで終わりにしました。

初めての場所で夜道でしたが、大勢の人が歩いているので方向音痴のワタクシでも大丈夫。(笑) 

 

2018091503

エリア内の道はこのように路地キャンドルがあるので、いつのまにか範囲を外れてしまうこともありません。

路地も結構多いのですが、このキャンドルがあることでエリア内なんだと安心できました。 

 

2018091501

中は小さなろうそくです。

街の人たちがひとつひとつ火を点けているんですよ。

また来年も行こうと思います。(*^_^*)

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェノバラインで淡路島へ

こっぺぱんエリアは瀬戸内で淡路島が見えます。

瀬戸内を通るいろいろ船もよく見えてまして、日ごろフェリーに乗りたいな~と思っておりました。

 

ジェノバラインならお手軽だし、便数も結構あるので本日乗ってきました。

 

P1130785

ジェノバラインは小さくて結構早いのであれよあれよと明石の乗り場が遠ざかります。 

 

P1130788

あっという間に明石海峡大橋に来て、 

 

 

P1130791

下を通り過ぎます。

 

結構揺れるのでブレブレ写真を量産しましたが、なんとか撮れた。

 

ちなみにデッキで写真撮って楽しんでいるのはワタクシ一人でした。(笑)

 

着いたのは淡路島、岩屋港。

 

P1130793

あら~、よく来たわね~と淡路島の猫。(´▽`) 

 

P1130794

岩屋港から歩いてすぐの所に「絵島(えしま)」という観光スポットがありました。  

 

P1130798

とても小さな島ですが、渡るための橋が掛けられています。 

 

P1130799

渡ると岩場があってちょっとしたスペースとなっています。

釣りしている方が数人いらっしゃいました。 

 

P1130800

中の岩場が良く見えるくらい海がきれいです。

 

イザナミとイザナギの神様が最初に作ったのが淡路島、もしくはこの絵島と言われているそうです。

 

県指定文化財 郷土記念物に指定されています。  

 

P1130801

もう少し歩くと海水浴場がありました。

 

シーズン前の平日なので誰もいませんが、今日はとても暑くて子供の頃の夏休みの感覚が蘇ってきました。

一足早い夏休み気分。( ̄▽ ̄)

 

 

今日は淡路島観光というよりフェリーに乗りたかっただけなので、ここで一休みして一時間半後のフェリーで帰りました。

 

フェリー乗船時間 片道13分、片道料金500円。

お手軽プチ船旅を楽しみました。

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姫路ちょこっと観光

月・火で一泊した姫路。

ホテルで楽しむのがメインとは言え、どこにも観光しないのもちと寂しい。

 

P1130729

ということで、まずは姫路城。

 

前回行ったのは2015年の5月。

5年間という時間を費やした平成の大改修が終わり、3月下旬にお披露目が終わった2か月後のことでした。

 

その時も平日に行きましたが、観光客がかなり多かったです。

その時に比べたらかなり落ち着いていました。

 

 

でも今回も外観だけ。(笑)

というのは、姫路が近いので子供の時からよく来ていて、天守にも何度も登ったもんですから。(´▽`)

今回は別の所へ。

 

P1130735

行く途中で和船乗り場を見ました。

和船、乗りたいな~。

この時はやってませんでした。

 

 

P1130736

着いたのは姫路城の近く、お堀に沿って西へ少し移動した場所の日本庭園「好古園」。

 

1万坪の広さがあり、本多忠政が造営した西御屋敷や武家屋敷、通路跡地の地割を活かした9つの大小庭園やアプローチ樹林帯・広場で構成されているそうです。

 

当時のままではなく、京都大学教授中村一氏の設計監修を受け造られ、平成4年に開園したとのことです。

入園料は大人300円、小・中・高校生150円。

 

P1130738

こちらは9時開演直後だったこともあって、ほとんど初めは観光客がいませんでした。

 

 

P1130741

とにかく静かで気持ちが良い。(*^▽^*)

 

 

P1130742

庭園内にはいくつも建物があります。

人がいないので、

 

 

2018060902

こんなことしたりして。(笑)

 

 

 

P1130752

新緑が綺麗でしたが、花もあちこちで咲いてました。

もう紫陽花も。

 

P1130756

こんなに長い土塀。

 

 

P1130757

ここはお茶室です。

入園の時に茶席料500円を払うとここで生菓子付きのお抹茶が頂けます。

 

P1130758

13カ所のポイントがあって約1時間半かけてゆっくり散策しました。

私が出るころにちらほらと他の観光客の方々が入って来られてましたが、姫路城よりもゆったりできるので庭園好きの方にはお勧めです。( ̄▽ ̄) 

 

 

P1130765

観光の後はちょっと一息。

姫路城近く、はまもと珈琲のアーモンドトーストです。

 

ほんのり甘くてトッピングのスライスアーモンドが香ばしくて美味しかったです。( ̄▽ ̄)

店内はどっしりとした木のカウンターの奥にサイフォンが並んでいて、良い雰囲気のお店でした。

はまもと珈琲さんのHPはこちら   

 

P1130767

そして最後に姫路駅前のピオレの中を見て回りました。

沢山のお店が入っています。

独立店舗よりもコンパクトですが、ユニクロ、東急ハンズ、H&M、無印良品が入っているのでとても便利です。

 

姫路ピオレは初めて行きました。

広くて全部回り切れませんでしたが、楽しかったのでまた行こうと思います。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月・火でプチ旅行

3年前に再就職した今の会社は土曜日が仕事、代わりに火曜日が休みです。

以前の会社の時は土日・祝日が休みだったので、週末の連休を使っての小旅行をたまにしていましたが、今は出来なくなりました。

 

でも火曜日の休みを利用すれば、月曜日の夕方から一泊を平日料金で少しお得にホテルに泊まれます。

今年は平日のホテルに泊まりたいなと思っていました。

 

ゴールデンウイークは長野県の松本に旅行に行ったので秋にでも実行できればと思っていたんですね。

 

月曜日の仕事終わってから負担なく移動できる近距離で、ホテルでゆったりと過ごし、1・2カ所観光もできるところと考えていたら、「姫路」が頭に浮かんできました。

こっぺぱんエリアから姫路はJRの新快速で30分足らずで行けるほどの近さ。

なのでいつも日帰りばかりで今まで一度も姫路で一泊したことがありませんでした。

考えたこともなかった。(笑)

 

駅から近い場所に観光できる場所があるし、「姫路いいね!」と思っていたら、あっという間に良さげなビジネスホテルが見つかり、秋まで待つことなく実行してしまいました。(笑)

今回はホテルで楽しむことをメインに。

夕食に普段自分では出来ない手の込んだお料理を食べて、大浴場に入って、朝食も楽しむ。( ̄▽ ̄)

 

 

それらが気軽にできると予約したのが「姫路城下町 ホテルクレール日笠」さん。

楽天トラベルの朝・夕食付きで和食のプランで申し込みました。

予約したのが宿泊日の二日前。(笑)

あっさり取れるのが大型連休が終わった後の平日宿泊の良いところ。

P1130696

さて今回のお部屋です、予約したのはシングルルーム。  

 

P1130698

ベッドの横には机。

ビジネスホテル定番の造りですね。  

 

P1130699

今回も松本旅行に続きベッドが広い!

実はチェックインした時に「広めのベッドのお部屋にアップグレードさせていただきました」と言っていただきましてね。ヽ(´▽`)/

なので今回のお部屋はシングルルームのワイドセミダブルベッドでした。

 

初めてのアップグレード体験で嬉しい。(*^▽^*)

 

 

楽しみにしていた夕食。 

 

 

P1130701

お品書きも嬉しい。

何食べたかすぐ忘れちゃうお年頃なので。(笑)  

 

P1130703

前菜盛り合わせ

酒盗のポテトサラダ

アスパラガス酢味噌掛け

なめこともずくの酢の物  

 

P1130704

地穴子と揖保の糸の椀  

 

P1130706

お造り盛り合わせ  

 

P1130708

姫路蓮根の飛龍頭(ひろうす)  

 

P1130709

播州百日鶏の塩麹焼き 

P1130711

鮭と豆の御飯  

P1130712

赤出汁 香の物   

 

P1130713

本日のデザート 白ゴマのブラマンジェ

姫路を中心とした播磨の食材を使った和食。

大変美味しかったです。(*^▽^*)

 

 

綺麗に盛りつけられたお料理を丁寧に出していただいて、ゆっくり楽しむことができました。

自分ではこんな風に盛りつけが出来ないので、外食の楽しみの一つですね

食べ終わって1時間ほどしてから大浴場に行きました、画像はありませんが。 

大浴場といっても定員4人くらいのこじんまりとしたお風呂でしたが、私がいる間は誰も来ず貸し切り状態でのんびり入れましたよ。(´▽`)

 

そして朝の楽しみの朝食。  

P1130722

バイキングではなく、和食と洋食のどちらかを選びます。

ワタクシは画像の通り洋食で。(´▽`)

 

飲み物はフリードリンクでコーヒー、ジュース類、紅茶、お茶、好きな物を選べるのが良かったです。

私は最初はオレンジジュースにして、 

 

P1130724

食後はコーヒー。

食堂は白と赤のテーブルクロス掛けたテーブルと大きな木のテーブルがありました。 

 

 

P1130721

夕食がテーブルクロスの席だったので、朝は木のテーブルにしました。

どっしりとした木のテーブルって好きなんです。

小さな団地には置けないので買いませんけどね。(´▽`)

混み合わずにゆったり過ごせて良かったです。

翌日はちょこっと観光もしました。

それはまた改めて。

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松本旅行 ホテル&食事

松本に着いたのが午前10時ちょっと過ぎ。

朝が早かったので小腹が空いたために少しだけお腹に入れました。

 

2018050503

稲庭風うどん。

おだしが効いていて美味しかったです。

でも後から長野県に行ったのだから信州そばを食べれば良かったと思いました。(笑)

 

午後4時過ぎに観光を終えてホテルにチェックインして荷物を置いてから食事に行きました。

 

P1130593

夕食は松本名物「山賊焼き」。

友達が教えてくれましてね。

山賊焼きというのは鶏の胸肉やもも肉を生姜を効かせたタレで味付けし片栗をまぶして揚げた唐揚げなんですが、豪快に肉を丸1枚揚げるのが特徴なんだとか。

 

確かにデカかった。

出てくるときはちゃんと食べやすいように切ってくれています。

外側サクサクで中ジューシーで美味しい~。ヽ(´▽`)/

しかし、デカかった、最後かなりお腹が苦しくなりました。(笑)

でも美味しかった~。

 

食べた場所は松本駅です。

実は松本駅には山賊焼きのおすすめ店の「からあげセンター」というお店があったのですよ。

 

でね、10時過ぎにうどんを食べてから間食もせずにお腹を空かせてそのお店に行ったのです。

 

着いたのは夕方5時ちょっと過ぎ。

 

5時ちょっと過ぎですよ、その時点で45分待ち・・・。

 

待てませんでした、ワタクシ、お腹が空き過ぎていて。( ̄ー ̄;)

結局別のお店で食べたんですが、そこも美味しかったので結果オーライでした。

 

ところで今回のホテルはビジネスホテルの「松本ツーリストホテル」でした。 

 

P1130590

ビジネスホテルのシングルなので作りはコンパクトでシンプル。

でも近年作られたものはベッドが広くて良いですね。(*^_^*)  

 

 

P1130591

反対の向きから。

 

 

P1130592

左のドアが出入り口、正面の白いドアがトイレとユニットバス。

ビジネスホテルってドアを入るとバストイレがあって奥にベッドスペースなので長細いイメージなのですが、ここのホテルは壁際にバストイレなので正方形に近い形でした。

 

ドアを開けてすぐベッドにはちょっと驚いたけど、視覚的には部屋が広く感じるのでこれも有りだな~と思いました。( ̄▽ ̄)

 

この松本ツーリストホテルは大浴場と朝食バイキングで、特にレビューでは朝食の評価が高かったので選んだんですね。

でも夕食であまりにもお腹が一杯になりすぎて、部屋から出たくなくなり大浴場は断念しました。(笑) 

 

2018050601

翌朝の朝食。

どちらかというと和食系のメニューが充実したバイキングでした。

私は普段の朝食がご飯なので、ホテルではパン系。

ハムとかウインナーとか見なかったような。

ゴールデンウイークなので朝食も結構人が一杯でした。

美味しかったけど混んでて落ち着かなくて、混まない時期にまた泊まってみたいなと思いました。

でも過ごしやすくて快適な良いホテルでした。(*^_^*)

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長野県松本旅行 観光

松本へは新幹線で名古屋まで行って名古屋から特急に乗って行きました。

 

P1130552

始発だったせいか新幹線は自由席でもかなり空いていましたよ。

 

 

P1130556

こちらは特急の「ワイドビューしなの」の出発前の自由席の車内。

こちらも乗客は少なかったです。

ゴールデンウイーク最後の週末とはいえ、特急の方は混んでいるだろうと思っていたのでちょっと拍子抜け。(笑) 

 

2018050504

でもおかげで私は空いた社内でゆったりのんびりと快適に過ごせました。( ̄▽ ̄)

 

松本では最初に美術館へ

 

駅で軽くうどんを食べてから午前11時ごろ入館して12時半くらいまでゆっくり見て回りました。

今回は松本美術館メインだったのでたっぷりと時間を取り、他の観光は松本城を見に行けたらいいなというくらいの計画にしていました。

2014年には奈良、2016年には福山へそれぞれ一泊旅行していますが、長距離の旅行は2013年の諏訪大社以来です。

なので体力を考えて今回の観光は松本駅周辺にしました。 

 

P1130573

美術館から松本城に行く途中で鯉のぼりに遭遇。

やはり季節の行事って良いもんですね。(´▽`) 

 

 

P1130580

松本城。

美術館もそうでしたが松本城、混んでました。

ここにきてゴールデンウイークを実感。(笑)

天守閣に入るのは100分待ちだったのでお城の周りを散歩。  

 

P1130577

遠くには日本アルプスが。

ワタクシ、初アルプスです。(*^_^*)

 

人が写らないようにとズームで撮ったんですが、どなたかの頭が入っちゃってました、なはは。

松本城も人が多くて疲れてきたので「旧松本高等校」を目指しながら街中を散策することにしました。

途中で「蔵シック館」という建物のあるエリアがありましたが、やはり人が多くてお土産物屋さんや飲食店が沢山あるな~と思いながら通過。

一人暮らしを始めて本当に人混みが苦手になってしまいました。( ̄▽ ̄;)

帰ってきてから調べたら「蔵シック館」の喫茶店は私好みだったことが判明。(笑)

また機会があったら行こう・・・。

 

実は旧松本高等学校は事前に知っていたわけではなく、松本駅から美術館へ行くために乗った巡回バスの中から見た場所でした。

良い感じの洋館だったことと、松本城から移動しても1kmちょっとくらいしか離れてなかったので行くことができました。 

 

P1130582

門の右手には「重要文化財 旧松本高等学校本館」

今は図書館及び文化会館として使われているそうです。

休館日で中を見ることはできませんでした、残念。

 

 

P1130587

門の左側、入り口は門の中を入った所にある講堂。

こちらは一般公開はしていないという内容の立て札がありました。 

 

P1130586 

これらの建物は「あがたの森公園」の敷地内にあります。

ずっと奥まで広い公園が続いていて、その道の両脇にはヒマラヤ杉が植えられています。

 

木の傍にベンチがあったのでしばらくここで座っていました。

人はいるんですけど多くなく、とても静かで落ち着いた場所でした。

松本美術館~松本城~旧松本高等学校と歩き回って疲れたので観光はここで終了。

夕方4時を過ぎていたのでホテルに行くことにしました。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お初天神

4月中旬に大阪梅田に出る用事があり、該当場所に行く途中にお初天神への案内図を見ました。

時間に余裕があったので立ち寄ることに。

 

2018041803

商店街を抜けるとお初天神に到着。 

 

2018041804

「あら、小さくて可愛らしい神社なのね」と思いながらお参りさせてもらいました。

さて、来た道を戻ろうと思いながら周りを見てみると、 

 

 

2018041802

奥側が広い。

「あれれ、奥に何があるんだろ」と進んでみたら、 

 

 

2018041801

こちらがメインでした。( ̄▽ ̄;)

 

お初天神、正式名称は「露天神社(つゆのてんじんしゃ)」

 

大阪の名所で私も名前はよく知っているのですが、場所が分からないことが多く「ここにあったんだ」と思いながらお参りしました。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援のクリックを頂ければ嬉しいです↓ 

1日1クリックだけ有効だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧